FC2ブログ

トライダガー

img_20090705_TriDagger_1.jpg img_20090705_TriDagger_2.jpg img_20090705_TriDagger_3.jpg


----- 【トライダガー】 Spec -----
【シャシー】
・材質・構造 :カーボンファイバー・ハニカム構造
・ギアボックス :電子制御セミオートマチック・シーケンシャル・ギアボックス
・ギアボックス :配置:縦置き
・ギアボックス・シフトチェンジ補助:クイックシフト
・ブレーキ :ベンチレーテッド・カーボンファイバー・ブレーキディスク
・サスペンション方式 :独立式
・サスペンション構成 :プッシュロッド、アクティベーテッド・トーション・スプリング
・タイヤ・ホイールサイズ:13インチ
・総重量 :600kg(ドライバー、冷却水、潤滑オイル含む)
【エンジン】
・型番 :GP56/2V
・気筒数/角度 :V型10気筒/90度
・排気量 :3,795cc
・最高回転数 :20,050回転
・重量 :91kg


GTマシンアレンジのトライダガーZMCです。
極端に低いノーズから、全体をウェッジシェイプボディにして攻撃的なイメージにしました。
オリジナルのZMCでは圧力釜でボディを作っていましたが、F1でも使われているCFRPは実際に圧力釜で高温で焼き固めていますので、当然このマシンもCFRP採用の設定です。
(他のマシンのモノコックも当然CFRPの設定ですが)
全体的に直線的で無骨な外観のマシンに仕上がりました。


img_20090705_TriDagger_a1.jpg
広いフロント部分からモノコック中央部を絞り込んで再びリア部分で広げるGTマシンの定石な形状です。

img_20090705_TriDagger_a2.jpg
極端に低いフロントとモノコック上部からなだらかに降りるリアエンドからウェッジシェイプボディを作り出しています。
ディフューザーの効果も考えて、後方を跳ね上げ続ける形状は却下しました。

img_20090705_TriDagger_a3.jpg
ホイールハウスの後方からはスムーズに抜くためにフィンを多数設置しました。
フロントはサイドに吹き出す形状、リアはスムーズに後方に流す形状です。

img_20090705_TriDagger_a4.jpg
カウル付きながらフロントがハーフカウルな為、比較的全面投影面積としてタイヤが大きく占めています。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

燕舞@エンブ

Author:燕舞@エンブ



mixi(ミクシィ)やってます!

検索フォーム
Contents
カテゴリー
Twitter
月別アーカイブ
最近のトラックバック
Twitpic